髪の毛に優しいシャンプー方法

髪の毛を労るシャンプーをすることで、ヘアケア効果が期待できます。
具体的にどのようにシャンプーすればいいのかというと、まず髪の毛のもつれはシャンプー前に解きほぐしておく必要があります。

もつれたままだと無駄な力がかかってしまい、ダメージの原因になるのです。
次に、髪の毛と、地肌をシッカリと濡らしておきます。
地肌を濡らすことを意外と忘れてしまいがちですが、こうしておかなければ泡立ちが弱くなり、髪の毛がもつれてしまうんです。
シャンプーは手のひらにとったあと、いきなり髪の毛を洗わずに、頭髪のなんか初夏に泡をつけるようにします。
指の腹で揉むように頭を洗っていきます。あまりゴシゴシとこすらなくとも、泡が付着しただけで髪の毛の皮脂は取れていきます。
もみあげなどを洗い忘れると、そこから皮脂が飛び火するので、慎重に洗いましょう。
最後に、すすぎは必ずしっかり行います。
これらの手順を守って正しくシャンプーすればヘアケア効果が高いのです。